映画は何についてですか?

エヴァルは、学校が閉鎖されるのを防ごうとしている高校生のグループについての映画です。手遅れになる前に、彼らはお金を集めて学校を救う方法を見つけなければなりません。

この映画は実話に基づいており、カナダのオンタリオ州で撮影されました。2017年に発売され、批評家からも好評を博しています。それを「叙事詩的」な映画と呼ぶ人もいれば、「心温まる」と言う人もいます。

主要人物は誰?

エヴァルの主人公はジョティ(シュルティ・ハーサンが演じる)と彼女の夫のラグー(ラジニカーントが演じる)です。彼らはタミルナードゥ州の小さな町に住む中流階級のカップルです。ジョティは絵を描くのが大好きな芸術家であり、ラグーはクリケットをするのが大好きな医者です。

ジョティの幼い頃からの親友であるラダ(サウンダリヤが演じる)も、夫のスリニバサン(ヴィジャヤクマールが演じる)と一緒に町に住んでいます。ラダもアーティストであり、彼らは強い絆を共有しています。

他の主人公は、ジョティの父であるヴァスデヴァン(ジャガパティバブが演じる)です。彼は引退した政府官僚であり、妻のKalyani(Sarikaが演じる)と暮らしています。 Vasudevanは娘のアートキャリアを非常にサポートしており、できる限り彼女を助けています。

最後に、物語の中で重要な役割を果たすいくつかのマイナーなキャラクターがいます。これらには、ジョティの義母であるミーナクシが含まれます。 Jyothiの大学の友達、KalpanaとVidya。ラグーのクリケットコーチ、セルバマーシー。

プロットについてどう思いましたか?

エヴァルの陰謀は、新しい家を見つけるために地球にやってくるエイリアンのグループについてです。彼らは人間からの抵抗に直面しますが、最終的には仲良くなり、一緒に平和に暮らすことができます。プロットが面白くて、見ていて楽しかったと思いました。映画の終わり方も気に入りました。全体的に、いい映画だと思いました。

演技についてどう思いましたか?

エヴァルでの演技は全体的に良かったと思いました。キャストは彼らのキャラクターを描写し、彼らを信じられるようにする素晴らしい仕事をしました。私は特にエイリアンのリーダーとしてのトニ・コレットのパフォーマンスが好きでした。彼女は映画を通して彼女のキャラクターの感情と動機を伝える素晴らしい仕事をしました。

シネマトグラフィーについてどう思いましたか?

エヴァルのシネマトグラフィーは美しく、人目を引くと思いました。それは、映画をより楽しく見るのに役立つ視覚的な興味の要素を追加しました。ショットは、グラフィックや露骨な表現をしすぎずに重要な情報を伝えるために、完全にフレーム化されていることがよくあります。

エンディングは満足でしたか?

エヴァル映画はまともな時計でした。エンディングは満足のいくものでしたが、もっと良かったかもしれません。全体的に、映画にはいくつかの良い瞬間といくつかの悪い瞬間がありました。しかし、全体的な経験はひどいものではありませんでした。あなたが週末の午後に見る気楽な映画を探しているなら、これはあなたにとって正しい選択かもしれません。ただし、より実質的または示唆に富むものを探している場合、これはおそらくあなたのための映画ではありません。

演技はいかがでしたか?

エヴァルでの演技は全体的に良かった。しかし、俳優の何人かは時々過剰に行動しているように見え、これは彼らの全体的なパフォーマンスを損なうものでした。しかし、全体として、演技は有能であり、映画全体を損なうことはありませんでした。

シネマトグラフィーは気に入りましたか?

エヴァルのシネマトグラフィーは美しかった。海と風景のショットは素晴らしかった。また、フィジーの自然の美しさを捉えた映画の作り方もとても楽しかったです。これらの要素はすべて、非常に美しい映画体験のために作られました。

サウンドトラックについてどう思いましたか?

エヴァル映画のサウンドトラックは素晴らしかったです!古い音楽と新しい音楽のミックスを本当に楽しんだ。効果音も一流でした。全体的に、うまくまとめられた映画だと思いました。

映画の全体的なトーンはどうでしたか?

映画の全体的なトーンは暗くて深刻でした。それは他のほとんどの映画とは非常に異なっていたので、面白くてユニークでした。プロットもうまく実行され、映画を見るのが楽しくなりました。全体的に、映画のトーンは素晴らしいと思いました。

それはサスペンス、心温まる、または面白いでしたか?

エヴァルの映画は、サスペンスがあり、心温まる、そして面白かった。それは見るのに素晴らしい映画でした、そして私は間違いなく他の人にそれをお勧めします。サスペンスはずっと私の席の端にいてくれましたが、心温まる瞬間は私を本当に気持ちよくさせてくれました。そして、ユーモア?完璧!私はこの映画のすべてのジョークで笑いを止めることができませんでした、そしてそれを見た他の誰もが同意するだろうと確信しています。全体として、Evaruは、楽しくてエキサイティングな映画の夜を探している人に強くお勧めする素晴らしい体験でした。

どのシーンが好きでしたか?

私が最も楽しんだシーンは、ナルトと日向が最初に会ったとき、彼らが一緒にトレーニングしているとき、そしてナルトがサスケと戦っていたときでした。サスケが去った後、ナルトが泣いているシーンも好きでした。

この映画を他の人に勧めますか?なぜまたはなぜそうではないのですか?

私の意見では、この映画を他の人に勧めることはしません。この映画にはいくつかの興味深いユニークな要素がありますが、最終的には実行の面で横ばいになります。さらに、ペーシングは非常に遅く、ある程度の改善が必要になる可能性があります。一般的に、私は全体的な経験が非常に当たり障りのない、楽しいものではないと感じました。

この映画はあなたに重要な問題やトピックについて考えさせましたか?

Evaruの映画は、自然界とのつながりを失ったらどうなるかという疑問を投げかける、考えさせられる映画です。この映画は、人工建造物と汚染に囲まれた都市に住む人々のグループを追っています。映画が進むにつれ、登場人物が自分の感情や本能に触れなくなっていることが明らかになり、それが社会に深刻な影響を及ぼしています。これは、私たちがどのように生活するべきか、そして私たちが環境に過度のダメージを与えているかどうかについての疑問を提起するため、考慮すべき重要なトピックです。全体として、エヴァルはいくつかの重要な問題について考えさせられた興味深い映画だと思いました。

エヴァル全体についてどう思いましたか?

その映画は本当に面白いと思いました。私はそれがエヴァルについて異なる見方を示し、それが実際の生活とどのように関連しているかが好きでした。演技も素晴らしかったと思いました。全体的に、とても面白い映画だと思いました。